HOME > 診療科のご案内 > 皮膚科 > 多形滲出性紅斑

多形滲出性紅斑

多形滲出性紅斑

多形滲出性紅斑とは?

さまざまな大きさの丸くて隆起した赤い発疹(紅斑)がでる病気です。紅斑は、はじめは小さいのですが、拡大して大きくなり、周辺が盛り上がり、中央がへこみ、眼の虹彩やアーチェリーの標的のような形になります。水疱になることもあります。
主に四肢の皮膚の狭い範囲に発疹がでる軽症型と、広範囲の皮膚、粘膜、眼、内臓に病変が及ぶ重症型があります。軽症型はまれな病気ではありません。重症型は発熱、関節痛、倦怠感などの全身症状が現れます。

原因は?

皮膚の免疫反応の1つとしておこるので、様々な原因がありますが、大きく分けて3つあります。

  1. ウイルス、細菌、真菌などの微生物の感染にともなうもの。単純ヘルペスウイルスの症状がでた後やマイコプラズマ感染のあとによく出現します。
  2. 薬剤によるアレルギー(薬疹)
  3. 原因の明らかでないもの。3.は多く、若い女性の四肢の季節的に繰り返してみられるのが典型例です。

間違いやすい病気は?

一部の自己免疫性疾患が多形滲出性紅斑に似た発疹で発症することがあります。

治療は?

重症度と経過によって治療方針が大きく異なります。発疹は日ごとに変化するため、経過をしっかり追う中で、重症度を評価しますが、皮膚粘膜や全身の症状だけではなく、血液検査も参考になります。軽症例はクリニックで治療できますが、重症例は入院の必要があります。

← 前のページへ戻る

クリニック情報

基本予約制

tel:03-5430-9055

診療時間
  9:00 ~ 13:00
13:00 ~ 14:30
15:30 ~ 18:30
18:30 ~ 19:00

☆は美容のみ(完全予約制)

平日ご予約外の方は18時15分が最終受付になります。

休診日

日曜、祝日

担当医師

馬場克幸院長:月、水、金、土
佐藤英里先生:火曜午前
嶋田聖子先生:火曜午後、木

<基本予約制>ご予約についてのお願い

患者さんの待ち時間の軽減とスムーズな診療を計り当クリニックは基本的には予約診療を行っております。出来るだけご来院前に予約を入れていただけますようご協力をお願い致します。

アクセス

東京都世田谷区三軒茶屋 1-32-14
園田ビル 3F

google mapへ

中目黒にも通院可

たまプラーザにも通院可

ドクターズファイルの掲載ページを開きます。

ひとりひとりの患者さんを大切に、
地域に根ざした治療を目指して

看護師/受付 大募集してます!
(2018年07月現在)

© 2018 三軒茶屋 あかりクリニック 皮膚科・美容皮膚科・形成外科・泌尿器科

このページのトップへ移動